アパレルファッションを学べる高等学校

高等学校で映像表現を学ぶことができる

アパレルファッションを学べる高等学校 毎日のように見るものとしてテレビがあります。朝起きた時から普通にテレビ放送が流れ、ニュースや天気予報、占いなどをみている人もいると思います。それらについては映像以外にも新聞であったり、本などでも表現できると思いますが、映像のほうがよりリアルに現実のように表現することができます。家庭のテレビも高度化しているので、テレビでありながら目の前で実際に行われているかのように見えることもあります。映像の情報は重要性が増しています。

高等学校に進学する上でどのような科やコースがあるかを調べた結果、映像表現について学べるところがあると知りました。もともとテレビが好きで、どのようにして撮影したり番組を作るのか興味を持っていました。当初は高校は普通科に行き、その上で専門的なことを学ぼうと思っていたのですが、実際に科がある高校があるのであれば学んでみたいと思ったのです。映像といいますとカメラを使って撮影するだけと思っていましたがそれだけではないようです。

まずはいろいろな道具で表現をすることを学びます。そしてそれを映像化することを考えます。すると単にカメラを回しただけでは思った映像にならないことが分かります。技術的な部分、理論的な部分を知らないとできないことだと分かります。